目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦-

留学してPh.D.の取得を目指す理系学生のブログです。理系で大学院留学や博士号取得を考えている人は立ち寄ってみてください。



目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦->> スポンサー広告>> 未分類 >> iPhoneとAndroid、スマートフォン市場でシェア拡大――米Nielsen調べ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
-------- │ スポンサー広告
2010-06-07

iPhoneとAndroid、スマートフォン市場でシェア拡大――米Nielsen調べ

 米調査会社Nielsenが6月4日(現地時間)に発表した第1四半期(1~3月)における米スマートフォン市場に関する調査報告によると、米AppleのiPhoneおよび米GoogleのAndroid搭載端末が、それぞれシェアを前年同期比で2ポイント伸ばした。

 スマートフォンの携帯電話全体に占める割合も着実に増えており、23%と2009年第2四半期から16ポイント伸びている。

 スマートフォン市場の機種別シェアは、首位は依然としてカナダのResearch In Motion製BlackBerryだが、2ポイント減の35%だった。2位が28%のiPhone、3位はこれも2ポイント減で19%の米MicrosoftのWindows Mobile端末で、Androidは9%で4位につけている。

 iPhoneとAndroidのほかのスマートフォンとの大きな違いとして、NielsenはOSへの忠誠度を挙げている。各スマートフォンユーザーに次に購入したい機種のOSを聞いたところ、iPhoneユーザーの80%、Androidユーザーの70%が次も同じOS搭載機を購入したいと回答した。BlackBerryではこの数値は47%、Windows Mobileでは34%とそれぞれ半数に届かなかったのと対照的だ。

 この結果では、AndroidユーザーでiPhoneに乗り換えたいとしたユーザーの割合は、その逆の2倍だが、iPhoneの市場シェアはAndroidの約3倍であるから、数でみればiPhoneからAndroidへの乗り換え希望者の方がその逆より多いことになる。

 通話以外の端末利用方法でも、AndroidとiPhoneはほかのスマートフォンと異なる特徴が見られた。iPhoneユーザーはゲームのダウンロードやオンラインでのプレーがほかのスマートフォンより多く、Androidユーザーは着信音、画像、壁紙のダウンロードやアップロードといったファイル転送が多いのが特徴だ。

 なお、米Gartnerが5月19日に発表した第1四半期の世界スマートフォン市場シェアでは、Androidがシェアを1.6%から9.6%へと大幅に拡大して、Windows Mobileを追い抜いている。また、米調査会社NPD Groupは第1四半期の米スマートフォン市場の調査結果として、消費者向けの販売台数ベースでAndroid端末がiPhoneを抜いて2位になったという報告を発表している。【佐藤由紀子】

「引用元:Yahoo!JAPANニュース」
電子工作とプログラムを楽しむ理系のためのブログ
電子工作やプログラムについてのコンテンツを増やしています。一度遊びにきてください。
英語勉強理系術
効率のいい英語勉強法を研究しているブログです。
 
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

johjohjoh

Author:johjohjoh
修士課程1年の学生で、
現在マイクロマシンの研究をしています。
アメリカでPh.D.を取るべく頑張っています。

最新記事
ランキング
人気ブログランキングへ 有名ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしけば押してくださいね。
留学専用アカデミックライティング講座


 ライティングを勉強しようとしている人にお勧めの教材です。 ネイティブの指導なしで、自分の文章を自分自身で添削する能力がつきます。

 言いたい文章がパット浮かぶようになるので、スピーキングを鍛えたい人にもおすすめの品です。
英語耳

 発音を身につけるにはこれが一番です。

 本書をこなせば、スペルが覚えやすくなり、単語を覚えやすくなります。
 またリスニングにも非常に効果的です。
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。