目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦-

留学してPh.D.の取得を目指す理系学生のブログです。理系で大学院留学や博士号取得を考えている人は立ち寄ってみてください。



目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦->> スポンサー広告>> 未分類 >> 「はやぶさ」大気圏突入、60億キロの旅帰還
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
-------- │ スポンサー広告
2010-06-14

「はやぶさ」大気圏突入、60億キロの旅帰還

 【ウーメラ(オーストラリア南部)=本間雅江】日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日夜、地球と太陽の距離の40倍に上る60億キロ・メートルの旅を終え、打ち上げから7年ぶりに地球へ帰還した。

 午後8時21分(日本時間午後7時51分)に試料カプセルの分離に成功し、同11時21分(同10時51分)ごろ大気圏へ突入した。

 カプセルがウーメラ(南オーストラリア州)付近で回収される可能性が高まった。

 カプセル内には、小惑星の砂が入っている可能性がある。小惑星の砂や石は、ぎゅっと固まる過程を経た惑星の岩石と違い、太陽系の初期の状態をとどめているとみられる。米アポロ計画で採取した月の石などに続く、貴重な試料として、世界の研究者の期待を集めている。

 はやぶさは、2003年5月に地球を出発。05年11月に地球から3億キロ・メートル離れた小惑星「イトカワ」に着陸し、砂などの採取を試みた。地球からは小さすぎて見えない小惑星に、正確にたどり着いて軟着陸したのは史上初だった。

 しかし、離陸後に燃料漏れで制御不能になり、通信も完全に途絶した。奇跡的に復旧し、07年に地球への帰路についたが、帰還は3年遅れとなり、劣化の激しい電池やエンジンでぎりぎりの運用が続いてきた。

 秒速5キロ・メートルで飛行していたはやぶさは、地球へ近づくにつれて重力で加速。南アジアの上空7万4000キロ・メートルに達した所で、カプセルを分離した。この後、まずカプセル、続いて本体がオーストラリア上空で大気圏に突入し、夜空に光跡を描いて落下した。月より遠い天体に着陸した探査機が、地球に帰還するのは世界でも初めて。

 本体は大気との摩擦で燃え尽きるが、カプセルは底面が断熱材で覆われており、突入の数十秒後にはパラシュートを展開して減速。位置を知らせる電波を発信しながら降下した。ウーメラ付近の砂漠に着地した模様。宇宙航空研究開発機構は、カプセルを14日にも回収。チャーター機で日本に持ち帰り、専用施設で慎重に中身を調べる。

 イトカワで試みた砂の採取は、装置が正常に作動せず、失敗した。しかし、着陸の際に舞い上がった砂煙が、カプセル内に入った可能性がある。

 はやぶさは、新技術のイオンエンジンを搭載した。のべ4万時間稼働して、小惑星へ往復する長距離の航行を完遂。日本の宇宙技術の高さを世界に示した。

「引用元:Yahoo!JAPANニュース」
電子工作とプログラムを楽しむ理系のためのブログ
電子工作やプログラムについてのコンテンツを増やしています。一度遊びにきてください。
英語勉強理系術
効率のいい英語勉強法を研究しているブログです。
 
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

johjohjoh

Author:johjohjoh
修士課程1年の学生で、
現在マイクロマシンの研究をしています。
アメリカでPh.D.を取るべく頑張っています。

最新記事
ランキング
人気ブログランキングへ 有名ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしけば押してくださいね。
留学専用アカデミックライティング講座


 ライティングを勉強しようとしている人にお勧めの教材です。 ネイティブの指導なしで、自分の文章を自分自身で添削する能力がつきます。

 言いたい文章がパット浮かぶようになるので、スピーキングを鍛えたい人にもおすすめの品です。
英語耳

 発音を身につけるにはこれが一番です。

 本書をこなせば、スペルが覚えやすくなり、単語を覚えやすくなります。
 またリスニングにも非常に効果的です。
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。