目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦-

留学してPh.D.の取得を目指す理系学生のブログです。理系で大学院留学や博士号取得を考えている人は立ち寄ってみてください。



目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦->> スポンサー広告>> 未分類 >> 【解説】「Let'snote CF-C1」の注目ポイント紹介
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
-------- │ スポンサー広告
2010-06-17

【解説】「Let'snote CF-C1」の注目ポイント紹介

 パナソニックは2010年6月2日、「Let'snoteシリーズ」に、新たにコンバーチブル・タブレットPCモデル「CF-C1」を追加し、6月25日より順次販売を開始する。軽量、高性能、堅牢性、長時間駆動というLet'snoteのこれまでのコンセプトに、“タブレットPC”という新しい使い方が加わることで、営業活動、在庫管理、教育現場、医療現場など、これまで以上にさまざまなビジネスシーンで活用できそうだ。本記事では「Let'snote CF-C1」の注目ポイントを紹介したい。

【詳細画像を含む記事】

■トリプルヒンジ構造で頑丈性をさらに強化

 軽量、高性能、長時間駆動バッテリー搭載、TOUGHBOOKの高い実績をベースにした堅牢性という、Let'snoteのこれまでのコンセプトについては、ここで改めて語る必要はないだろう。まずは、Let'snoteの新たな顔ぶれである「Let'snote CF-C1(以下、CF-C1)」の最大の特徴、コンバーチブル・タブレットの機能に注目したい。

 CF-C1のディスプレイは、12.1型TFTカラー液晶WXGAで、1280×800ドットの大画面表示が可能だ。このディスプレイを、通常のノートPCのような開閉しての使用のほか、180度回転して本体側に折りたたむことで、タブレットPCタイプの形状で使用することができる。

 頑丈さが強みのCF-C1は、多くのコンバーチブル・タイプのPCで採用されている2軸回転ヒンジではなく、開閉ヒンジと回転ヒンジを分離した「トリプルヒンジ構造」と回転ロック機構を採用している。これにより回転、開閉、落下耐久性を高め、ディスプレイのグラつきを防止しているのだ。

 CF-C1の重量は、法人向けモデルで1460グラム(バッテリー1パック時)と、12.1型の同タイプでは世界最軽量クラスだ。ハンドストラップ搭載モデルもあり、立った状態での使用や持ち運び時の安定感、安心感が高い。

 タブレットPCの機能は、もちろん形状だけではない。液晶ディスプレイはタッチパネルとなっており、使用する際の形状に関係なく、本体に収容可能なデジタイザペンによる操作と指によるタッチ操作が可能だ。Windows 7の新機能であるマルチタッチ機能(後編で紹介)にも完全に対応している。デジタイザペンは、電磁誘電方式ペンセンサーを搭載しており、ディスプレイに触れない浮いた状態でもポインタを移動することができる。

 コンバーチブルのタブレットPCは、ディスプレイ部分が重くなり、モバイル性と強度が課題になる。しかしCF-C1は、厚さ0.7mmのタッチパネル、0.5mmのデジタイザー基板と、0.21mmのLCDガラスを採用。軽量で頑丈なマグネシウム合金の天板と液晶を保護するフローティング構造、そして先ほどのトリプルヒンジにより、軽量さと堅牢さを両立させているのだ。

■オプションのダブル・バッテリーで急速充電/ホットスワップに対応

 デスクトップ向けのプロセッサーと聞くと、消費電力が高く、バッテリー駆動の時間を犠牲にするのではと思うかもしれない。しかし、環境対策(CO2削減)やコスト削減のため、サーバーやデスクトップPCにおいても、省電力が進んでいるのが最近の傾向だ。「パワーゲートテクノロジー」など、プロセッサー自身が備える省電力機能やWindows 7の省電力機能である「コアパーキング」などは、その好例だろう。

 さらに、CF-C1には、ダブル・バッテリーというユニークなオプションがある。ダブル・バッテリーとは、本体とは別に持ち歩く予備のバッテリーパックということではない。本体に2つのバッテリーを同時に装着することができるというものである。カタログスペックでは、標準構成の1バッテリーで6.5時間の駆動が可能となっている。

 ダブル・バッテリー構成においては、バッテリーパックのホットスワップにも対応する。つまり、バッテリー駆動を続けながら、一方のバッテリーを脱着できるのである。バッテリーチャージャー(法人向けオプション)と併用すれば、バッテリー駆動のまま、24時間以上使い続けることが可能だ。また、本体は電源オフ時にバッテリーの急速充電が可能で、1バッテリーを2.5時間、2バッテリーを3時間で充電を完了できる。1時間の充電でも、1バッテリーで4.5時間、2バッテリーで7時間のバッテリー駆動が可能となる。

 またCF-C1は、さまざまなビジネスシーンでの活用を想定し、通信面でのモバイル機能も充実している。IEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(WLAN)とBluetooth 2.1+EDR/Class2を標準で内蔵しているほか、モバイルWiMAXモジュールやFOMA HIGH-SPEEDモジュール(いずれも法人向け件名対応)を内蔵することができる。

(山市良/ライター)

パナソニック、Let'snoteシリーズにコンバーチブル・タブレットの「C1シリーズ」をラインアップ
[レビュー]Let'snote 2010年夏モデル徹底詳説
パナソニック、Let'snote夏モデルを発表――5月21日より発売
[解説]注目されるビジネス・モバイルPCの市場動向を探る
モバイルWiMAXを100%活用するビジネス・モバイルの選び方

「引用元:Yahoo!JAPANニュース」
電子工作とプログラムを楽しむ理系のためのブログ
電子工作やプログラムについてのコンテンツを増やしています。一度遊びにきてください。
英語勉強理系術
効率のいい英語勉強法を研究しているブログです。
 
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

johjohjoh

Author:johjohjoh
修士課程1年の学生で、
現在マイクロマシンの研究をしています。
アメリカでPh.D.を取るべく頑張っています。

最新記事
ランキング
人気ブログランキングへ 有名ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしけば押してくださいね。
留学専用アカデミックライティング講座


 ライティングを勉強しようとしている人にお勧めの教材です。 ネイティブの指導なしで、自分の文章を自分自身で添削する能力がつきます。

 言いたい文章がパット浮かぶようになるので、スピーキングを鍛えたい人にもおすすめの品です。
英語耳

 発音を身につけるにはこれが一番です。

 本書をこなせば、スペルが覚えやすくなり、単語を覚えやすくなります。
 またリスニングにも非常に効果的です。
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。