目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦-

留学してPh.D.の取得を目指す理系学生のブログです。理系で大学院留学や博士号取得を考えている人は立ち寄ってみてください。



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
-------- │ スポンサー広告
2010-06-22

国内OS市場規模は縮小傾向に

 調査会社のIDC Japanは6月21日、国内のOS市場規模の調査を発表した。【藤村能光,ITmedia】

 IDC Japanによると、2009年における国内OS市場の規模は1710億円(対前年比16.9%減)となった。景気後退によるクライアントPC、サーバの出荷台数の落ち込みが、対前年比でOSの出荷金額を引き下げた。2009年から2014年における同市場の年間平均成長率は、マイナス2.4%になると予測している。

 2009年のクライアントOSの市場規模は1033億円(同19.6%減)。市場規模の縮小は、景気後退によるクライアントPCの出荷減少が要因としている。同社では、スマートフォンなどのクライアント端末の普及により、クライアントPCの出荷台数の今後の成長は難しく、2009年から2014年における同市場の年間平均成長率はマイナス4.3%になると予測している。

 一方、2009年のサーバOSの市場規模は678億円(同12.6%減)となった。サーバ出荷台数の減少の影響が大きい。同市場の詳細を見ると、2008年までプラス成長を続けてきたWindows市場は、X86サーバの低迷を受け、前年比13.5%減と落ち込んだ。UNIX市場も30%以上のマイナスとなった。サブスクリプションモデルが定着し、金融や情報サービス分野で安定的な売り上げを記録したLinux市場は、前年比8.6%増となっている。2009年から2014年のサーバOSの年間平均成長率は0.3%になる見通しだ。

 IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ マーケットアナリストの入谷光浩氏は「Windowsを中心にハードウェアのOEMで提供されることが多い国内のOS市場は、ハードウェアの出荷動向が(市場規模を)大きく左右する。市場の活性化を図るためにも、(企業は)ソフトウェアアシュアランスモデルやサブスクリプションモデルなど、ハードウェアの更新期間に依存しないライセンスモデルの採用率を高めていく必要がある」とまとめている。

「引用元:Yahoo!JAPANニュース」
電子工作とプログラムを楽しむ理系のためのブログ
電子工作やプログラムについてのコンテンツを増やしています。一度遊びにきてください。
英語勉強理系術
効率のいい英語勉強法を研究しているブログです。
 
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

johjohjoh

Author:johjohjoh
修士課程1年の学生で、
現在マイクロマシンの研究をしています。
アメリカでPh.D.を取るべく頑張っています。

最新記事
ランキング
人気ブログランキングへ 有名ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしけば押してくださいね。
留学専用アカデミックライティング講座


 ライティングを勉強しようとしている人にお勧めの教材です。 ネイティブの指導なしで、自分の文章を自分自身で添削する能力がつきます。

 言いたい文章がパット浮かぶようになるので、スピーキングを鍛えたい人にもおすすめの品です。
英語耳

 発音を身につけるにはこれが一番です。

 本書をこなせば、スペルが覚えやすくなり、単語を覚えやすくなります。
 またリスニングにも非常に効果的です。
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。