目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦-

留学してPh.D.の取得を目指す理系学生のブログです。理系で大学院留学や博士号取得を考えている人は立ち寄ってみてください。



目指せPh.D.-理系学生が留学に挑戦->> スポンサー広告>> 未分類 >> 「飛行船=パビリオン」計画、挫折した日本人と実現したフランス人の話
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
-------- │ スポンサー広告
2010-05-06

「飛行船=パビリオン」計画、挫折した日本人と実現したフランス人の話

 1971年、わたしは三井物産に入社した。所属は電気機械部通信機課だった。

 当時、わたしは色々なことに関心を持っていた。その内の1つが1975年に開かれた沖縄国際海洋博覧会だった。三井物産は三井グループの会社としてパビリオンを出展しようとしていた。まさにパビリオンのコンセプトが決まる寸前、わたしはグループの海洋博覧会事務局に(まったく非力だったが)1つ提案したのだった。

●巨大な飛行船をパビリオンに

 それは、巨大な飛行船をパビリオンにして、数百メートル上空まで来場客ごとパビリオン自体が上昇しいくというものだった。イメージはこうだ。飛行船はヘリウムで浮力を得ている。飛行船と地上とは、数本の太い鋼線で結ばれていて、このワイヤーを緩めたら上空に上昇したり、ワイヤーを巻けば地上に下降したりという仕組みである。

 高さは決めていなかったが、100人程度を高さ200メートル程度まで1度に運びたい。上昇して美しい海と海岸の風景を堪能して降りてくる。こんなユニークなパビリオンは絶対にないし、実現したら必ず大入り満員間違いないと確信した。だが事務局は冷たかった。「それ面白いですね」とまでは言ったが、「まあ、三井グループの総意としては、あまりにユニーク過ぎてちょっと実現は難しいかも……」とのことだった。

 それから数年後の1975年に沖縄国際海洋博覧会が開かれた。三井グループはパビリオンを出展したが、もちろん固定の建物である。その時には、すでにわたしは駐在員として海外に出た後で、アフリカのナイジェリアのラゴスに駐在していた。

●実現したのは“熱気球の母国”

 実は、上空の飛行船と地上をワイヤーで結んで観光に使うコンセプトは実現している。フランスのAerophileという会社(設立1993年)が実現したのだ。25歳のフランス人技術者の2人組みが設立した会社である。1994年以来、同社はパリ、シンガポール、香港、ドバイなど20か所で、このワイヤー牽引式の観光用バルーンを開業した。米フロリダ州オーランドのディズニーランドでも導入しているとのこと。

 気球は飛び立つのは簡単。しかし、風任せになってしまうので、決まったところに着陸するのがとても難しい。それをワイヤーで固定することで、定位置で昇降し着陸できることが可能なる。また、天候が悪ければ途中で中止することも簡単である。Aerophileのバルーンでは水素よりも安全なヘリウムを浮揚ガスに採用し、熱気球のような火事の心配を減らして、観光用に使えるようにしたというわけだ。

 約30名の観光客を載せて、300メートルまで上昇する。アンコールワットの近くの都市シエンリエップにも開設している。気球や飛行船は、今建設中の「東京スカイツリー」などの建築物とは違った夢がある。

 フランス人の彼らに実現できて、こちらに実現できなかった理由を考えると2つの要因がありそうだ。まずフランスと言えば熱気球。モンゴルフィエ式の熱気球を発明し、世界初の有人飛行を行ったモンゴルフィエ兄弟が有名だ。気球に対しての情熱があったのだろう。

 一方我々は、多数の利害関係を持つ各社が集まった三井グループ。当然ながら、飛行船や気球の利用は危険だと受け取ったのだろう。当時は現在運航しているような宣伝用飛行船すら珍しい存在だった。戦前だが1937年には、ツェッペリン飛行船であるヒンデンブルク号が米国の飛行場で火災を起こし墜落した事件もあった。わたしも若かったので、革新的な提案は通らなかったのかもしれない。

 上海万博の今年、同じような提案をしたらどうだろうか――。【樋口健夫】

「引用元:Yahoo!JAPANニュース」
電子工作とプログラムを楽しむ理系のためのブログ
電子工作やプログラムについてのコンテンツを増やしています。一度遊びにきてください。
英語勉強理系術
効率のいい英語勉強法を研究しているブログです。
 
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

johjohjoh

Author:johjohjoh
修士課程1年の学生で、
現在マイクロマシンの研究をしています。
アメリカでPh.D.を取るべく頑張っています。

最新記事
ランキング
人気ブログランキングへ 有名ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしけば押してくださいね。
留学専用アカデミックライティング講座


 ライティングを勉強しようとしている人にお勧めの教材です。 ネイティブの指導なしで、自分の文章を自分自身で添削する能力がつきます。

 言いたい文章がパット浮かぶようになるので、スピーキングを鍛えたい人にもおすすめの品です。
英語耳

 発音を身につけるにはこれが一番です。

 本書をこなせば、スペルが覚えやすくなり、単語を覚えやすくなります。
 またリスニングにも非常に効果的です。
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。